引越し屋くんのお兄さんたちの職業ぶりに思わず感嘆

前週の土曜日に初々しい家へお移転をしました。移転先はどこに頼もうかなって思って、悩んで色々探してみました。最終的に家を捜すときに利用した不動産屋ちゃんにあたってあったチラシに載っていた移転のサカイに頼みました。

こういう移転屋ちゃんの手際の良い事例、感心してしまいました。二人の若々しいお兄さんが担当してくれたのですが、結構スムーズに手続きを遂行してくれました。あたいは引っ越し先の家でカバンのゴールを指示していたのですが、お兄さんたちのテキパキした業振りは素晴らしかったです。取り敢えず、新居が傷つかないようにバリアや通路に書類をひいていました。二人しかいないのに、ひどい冷蔵庫やソファ、本棚を運ぶのも凄いなって、感服させられました。

二人とも若々しいので出来るのかもしれませんが、とことん腰が痛くならないなのかなって思います。彼は腰痛抱えなので、あんまり苦しいカバンを普段から保ちたがりません。移転屋ちゃんはそれが業なのかもしれませんが、恐ろしいカバンを何個も短時間で持ち上げるのは労役です。それを不愉快顔付きせずに、笑顔でやっていたので、強いなって思いました。レッスンされたのかも知れませんが、若いのにしっかりしていると思いました。

机や冷蔵庫のセンターまで拭いたりしてくれたそうで、意外と至急、効率よく、業を遂行してくれました。有難い移転先ちゃんに頼むことが出来て大満足です。また引越しすることがあれば、おんなじ先ちゃんに頼もうかと思っています。人気のパナマハット